おふくろの味

TOP画像


お雑煮のお話

お正月に食べるお雑煮。お雑煮は地域によって様々で、
また同じ地域でも家庭によって様々な具材や味付けがありますね。

そもそもお雑煮は一年の無病息災を願ってお正月に食べる日本の伝統料理です。

昔は神様にお供えしたものを新年一番に汲んだお水で煮て食べるという習慣だったそうです。
その地域の特産物がお供えされるためお雑煮は地域それぞれの特色を持つ料理になったようですね。

お雑煮といえばお餅が入っているイメージがありますが、
餅なし雑煮を食べる地域もあるようです。

お餅の代わりにさといもが主役になっています。
お餅が入っている場合でもお餅に違いがあります。
焼き餅 丸餅・角餅・煮餅・手切り餅など様々です。

汁の種類もすまし汁や味噌味などがありますね。
みそ仕立ては近畿、それ以外の地域はすまし汁が多いようです。
ダイコンやニンジンは全国的な土地で見られるお雑煮具材のようです。
ちなみに、お雑煮が全国に広まったのは
元禄時代で北海道や沖縄ではお雑煮がなかったらしいですよ。


お雑煮




トップページ | お雑煮 | 肉じゃが | 味噌汁 | 漬物 | | カレー | 醤油のお話 | 手打ち讃岐うどんの作り方
健康 | 美容 | 婚活 | 金融 | ビジネス | 生活 | 転職


© おふくろの味 All Rights Reserved.